吸い玉治療とは?

吸い玉療法は、数千年の歴史を持つ中国の民間療法です。
中国では、病院や治療院の鍼灸治療の一部として取り入れています、さらに家庭でよく行われ、
非常に愛用されています。


日本では、近年スボ―ツ選手や腰痛や背部痛などの治療や美容のためによく愛用されています、
新潟大学大学院安保徹教授にガンの治療に効果があると勧められています。

安保徹教授による、万病は血行障害で起こり、血行が滞ると組織や器官に酸素や栄養素が届かなくなり、細胞の新陳代謝で排泄した毒素も排泄されず、細胞がガン化への病変細胞となります。



≪吸い玉療法の効果≫
 外部から皮膚に蔭圧するによってその部分毛細血管が拡大し血行が促進されるのです。それによって筋肉の凝りもほぐれます。

 吸い玉の蔭圧作用は古くなって働きが悪くなった血管や動脈硬化で固くなり、もろくなった血管に働きかける特殊な作用があり、人体最大の臓器と言われる皮膚に直接働きかけ、血管新生効果もあります。



201209231254_1.jpg≪吸い玉療法の適応症≫
 1. 慢性腰痛、背部痛、五十肩

 2. 慢性疲労、自律神経失調症、不眠症、不安症

 3. 冷え症、不妊症、生理痛、生理不順

 4. 糖尿病、リウマチ、肥満症

 5. ガンの予防と治療、スボ―ツ選手の筋肉疲労など

 6. 慢性肝臓、腎臓、肺、消化器の病気、認知症、脳梗塞後遺症半身不随など

 7. エステ、美容など


 

携帯サイトのページ


PC版と同じURLです
URLをメールで送る